フィニート・インカーターテム ”呪文よ終われ”


フィニート・インカーターテム(Finite Incantatem)”呪文よ終われ”は『秘密の部屋』でクィディッチの試合中に暴走した「暴れ玉」を止めるときに使った呪文です。

ラテン語finire「終える」+ラテン語incantationem「魔法」=「魔法を終える」となっています。

finire「終える」で覚える英単語

finish「終わらせる」やfinal「最終的な」はイメージしやすいと思います。
・finite「終わりがある」⇒「有限の」 (発音はフイナイト)
・infinite「終わりがない」⇒「無限の」(発音はンフィニット)
も一緒に覚えておきましょう。

僕の好きな映画に『君に遭えたら!』がありますが、この映画の原題は"Nick and Norah's Infinite Playlist"です。
音楽を通じて出会うラブストーリーですが、サントラがとても良いので音を流しておくだけでも心地よい映画です。
原題で使われているInfiniteは2人の関係に終わりがないことも表しているのだと思います。



incantationem「魔法」で覚える英単語

英語にするとenchantmentです。似てますよね。
enは「中」、chantは「歌」ですが、言葉(特に声に出された言葉)には魔法の力があるとされていたので、歌にも魔法の効果があります。

・chant 「聖歌」、「歌う」
・enchant「歌を歌って魔法を相手の心にこめる」⇒「うっとりさせる」
似た単語でcharm「魅了する」もあります。
チャームポイントやチャーミングも本来は「魔法で異性を魅了する」ということですね。

・recant「歌って(cant)元に戻す(re)」=「撤回する」
「のだめカンタービレ」という漫画がありますが、
カンタービレとは「歌うような感じで演奏される曲」のことを言います。






このブログを検索

人気の投稿